するにはどうしたらいいのか、厚みのペニス

ここで作成するのは簡単ではありません。 ではどのようにペニスで拡大します。 なった方への効果の早期改善のための増粘ペニス—ゲル、ペースト、オイルが直面する厳しい結果をもたらす。 することができるの損失となる能力を架設します。 だいたいという状況の改善を図彼の男。 その腕を自分でする情報についてより安全なものにしようとする増加の厚さにペニスです。

薬物の補正

するにはどうしたらいいのか、その厚さは、会員の

今日のミや手術手技を用の組織から、その他の体の部分にロサンゼルスに行く日だったので処理して皮下にはペニスです。 一つの異な運転—移動錯体の皮下脂肪組織からの殿ます。 このように増やすことができ、直径、最大二センチです。

組織の外科医の場所の下で肌にペニス全体の長さです。 このような包みます。 場所のフェンスの革を縫いつけるように、ほとんど見えなくしてしまいます。 縫い目と重なintradermallyます。 これにより、増粘がを加えることにより、体に皮膚の他の身体の一部です。 患者さんのためのペニスの厚みによる複数センチメートル、医用バージョンの異なる介入します。 このミの濃縮方法の移転筋組織です。 運転前には、困難です。 では、長期間の回復期間後です。 ましたが、より複雑に、より困難な現実のものになる。

そのために決定を行うなど、業務に必要なもの考えを考慮し、複雑化-高コスト、時間の回復期です。 で取り組む必要があると考え、リスクの合併症、術後です。 められないような不正な侵入、な繊細な地域です。 時にはこのような補正は、ペニスが表示されtuberosityます。 最も合併症は創傷の感染-出血、長時間にわたる膨潤のペニスです。 可能で一時的又は恒久的な減感度のbalanusの発生中の痛みを建設します。

12.01.2019